拙宅の日産サファリに関する雑記帳(サファリブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 茶話会

<<   作成日時 : 2017/03/10 07:29   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2017年3月5日、K県A市のS川の河原で茶話会を催しました。
画像


現地へ私が到着したらば目の前に見知った白いサファリがさっそくパフォーマンスしていました。
画像


見事なハマりっぷりです。
画像

本格的な泥用タイヤを装着されていましたが、この日のここの泥はそれでもトラクションを許さない状態だったようです。
 ご本人のご希望により、後ろから仲間が牽きました。

現地の入り口付近で11時ごろ、だいたい集まってきましたので移動を開始しました。
前方では斥侯を買って出ていただいた皆様が入念に偵察をされています。
画像


こちらは日産最後の直列6気筒エンジン TB48DEを搭載する3台です。
手前から日産サファリY61-3(緑)、Y61-5(黒)、Y61-4(青)です。 
画像


こちらはご家族でご参加いただいたTさんの日産サファリ(Y61-4)とKE47エンジンを搭載した三菱ジープJ52。
画像


こちらは三菱デリカ スターワゴン。基本設計の良さから侮れないオフロード走破性を持ちます。
画像


今見てもこのサイズでこの室内は先進的なデザインと感じます。
画像


日産サファリY60ショート。RD28T搭載5速MT仕様。
画像


日産スカイラインに搭載されたRBガソリンエンジンと対を成すディーゼルエンジンRD。
インテークとエキゾーストが同一側にあるターンフローのシリンダーヘッドでターボがスマートに装着されています。長いTDエンジンが入るエンジンルームにコンパクトなRDエンジンを搭載しているのでラジエーターシュラウドがダクト状になっています。
画像


スズキジムニーJA71と日産サファリY60標準ルーフロング。
画像


丸目ヘッドライトがキュートな2台。
今から25年ぐらい前は、たくさん見かけた2台ですが、現在では貴重なクルマです。
画像


こちらは1980年までの20年ほど日産の四輪駆動車パトロール60。
画像

貴重なクルマでご参加をいただきました。

このパトロール60系は1960年から1980年の長きにわたって生産されました。
標準ホイールベース2200mmで幌屋根が60。
標準ホイールベース2200mmで鉄屋根がK60。
長尺ホイールベース2500mmで幌屋根がG60。
長尺ホイールベース2500mmで鉄屋根がKG60。ワゴンがWG60、バンがVG60。
超長尺ホイールベース2800mmのバンがVH60
超長尺ホイールベース2800mmの消防車がFH60。

積載量を標準よりも強化したものはモデル名の後ろに「H」がつきます。

 このパトロール60系は世界に輸出され、米国ではこの60パトロールの愛好家による「PATROL OWNERS CLUB」が現在も存在しています。
 このパトロール60によってパトロールは世界でも有数のクロスカントリービークルとしての名声を得るのです。

ロングホイールベースが「G」、バンが「V」、ワゴンが「W」、消防車が「F」と記すのは、日本国内向けは「サファリ」と改名した後も同様です。

パトロール60の後姿。
画像


運転席を見せていただきました。
画像


こちらは茶話会の直前に登録ナンバーを取得したばかりの英国貴婦人レインジローバー1978年式のエンジンルーム。いつまで見ていても飽きません。
画像


凛とした佇まいのレインジローバー。このクルマのホイールベースは2540mm。100インチです。
画像


そしてディフェンダー110とレインジローバーの2ショット。
画像

ディフェンダー110とは、ホイールベースが110インチ 2794mmを意味します。
2ドアのディフェンダー90はホイールベースが90インチ 2286mmです。

こちらは日産サファリY61-3。直列6気筒DOHCガソリンエンジンTB48DEの通称 Super SAFARI です。
画像


本家クライスラージープTJ。ガソリン4Lエンジンを搭載したアメ車ですが本日参加の車両の中では小さ目のエンジンとなっていました。その隣は三菱パジェロミニ。奥多摩・奥武蔵の林道行のブログで有名なGAKU1さんの愛車です。
画像


ランドローバー社ディスカバリー。通称ディスコ。ホイールベース100インチ。
このクルマがオフロードを走ると揺れないことか「魔法のじゅうたん」のようです。
画像


遠く栃木から参加いただいた好青年のプレオ。
河原のここまでこのクルマで来るには路面を読むスキルが必要です。さすがの一言であります。
画像


オフロードを見ると走りたくなるのがオフローダーオーナーの性(さが)。
後輪のマッドガードが災いしてバンパーコーナーをやってしまわれました。
画像


こちらは茶話会を人伝(ひとづて)にお知りになってご参加いただいたランクル80STD。
みなでエンジンルームを鑑賞しています。
画像


実に程度がよい車両です。よい車を手に入れられたと思います。ぜひ大事にしてください。
画像


日も傾き、撤収時の風景。大型四駆が居並ぶ風景は貴重と思います。
画像

画像


 茶話会にご参加をいただいた皆様、ありがとうございました。
ご参加をいただいた皆様が大事にされている車両を拝見していて、ジープの機能美展の駐車場に居るようだ、と嬉しくなりました。
 これまで6月に入間市博物館で開催されていた「ジープの機能美展」の駐車場には貴重で珍しいクルマが多数来場されていました。しかしながら、ジープの機能美展を主宰されていた石川雄一さんが2016年に逝去され、この催しが無くなってしまいました。

 今回、多くの方々にお集まりをいただき、貴重な車を鑑賞させていただく機会をいただきましたのも何かのご縁と思います。ありがとうございました。

 また、これからも宜しくお願いいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
改めて写真を見返してみると、みなさんほぼノーマルのイデタチですね。
弄ればバランスが悪くなることをよく理解された大人の四駆乗りなのが良く解ります。
まさに酸いも甘いも噛み分けてきたいぶし銀のような方々ばかりなのですね。

ココのの奥地へ行くにはあの局地戦闘機を引っ張り出さねば無理だと地元の方が仰ってましたが、航続距離に問題があるので実現は難しそうです(笑)。
次もぜひ参加させて頂きたく宜しくお願いします。

くみちょう
2017/03/14 08:09
くみちょうさん、コメントをありがとうございます。
この日にお集まりいただいた皆様、車両を動態保存を志向されている方が多かったように思います。とはいえ、ここに貴重なヒストリックカーといえる車両で来れてしまうのがCCVたるところ、と思います。
 私自身、若い頃は車両フル活用の気持ちもありましたが、ディーゼル規制で最愛のY60を手放した後に購入した現在のY61は新車の頃から動態保存を志向して今日に至っております(笑)

 この行楽地でオフロードの限界を試そうと思うと、それなりの車両である必要がありそうですが、行楽地ですから互いに楽しく過ごす気持ちが大事かな、と私は思っております。

茶話会、好評だったようですので、また企画したいと思います。これからも宜しくお願いいたします。
nakajin
2017/03/20 09:46
nakajinさん日本ではマニアックな車で最終サファリの情報が少ない中、いつも拝見、参考にさせていただいております。ぼく自身もサファリ歴10年です。
やっぱりクロカンどれもいいですね。
最近、2017中東向けsuper safari が気になっております。
情報あれば記事楽しみにしております。
tb48
2017/03/27 22:14
tb48さん、コメントをありがとうございます。
前後リジッドの本格オフローダーながらY61はCCVだけでなくSUVとしても使える内装・装備の日産サファリは、パトロール時代からの伝統性能の良さを引き継いでリジッドながら高度なバランスで設定された安定性によってオンロード性能も優れている卓越したマルチパーマパスカーと思います。ですが、不思議と日本ではこのことを発信している人は少ないですね(苦笑)
 きっと本当に良いものは人には教えないのかな、と(笑)

 とはいえ、私も2004年にサファリ最終型に乗り換えて14年目、前のY60に乗り始めた1990年からみると27年目にもなりますが、未だに飽きません。相も変らぬ車に乗り続けていながら、新しい車などに試乗しても心を揺さぶられる車に乏しいです。
 サファリは一度手放すと再入手が色々な意味で困難なクルマです。長く大事に載ってあげてください。

これからも宜しくお願いいたします。
nakajin
2017/03/28 17:22
nakajinさんの言う通りサファリはオンオフを最高に楽しめる車だと思います。逆に日本ではマイナーで同じ車に滅多に会うことがないので、余計に飽きないです。サファリに乗ってると楽しくて仕方がありません!!ただ、パーツが少ないです!
tb48
2017/03/28 17:43
tb48さん、重ねてのコメントをありがとうございます。
そのままでも「他人が乗っていないクルマ」ですから、下手なカスタムパーツが無くても唯我独尊です(笑)
 サファリ最終型の場合、クルマに乗り続ける上で最も大事な部品は、現在も平塚で海外向けに生産継続している現行生産モデルであることから、純正部品の供給に不安がありません。この部品供給に不安が無いという特徴は特筆に価する価値だと思っています。生産が打ち切られたモデルとは違うのですね(笑)
nakajin
2017/03/28 22:01
何度もコメントすみません!確かにノーマルのままでもカッコいいですよね(^-^)/
乗り心地もコイルリジッドとは思えないぐらい最高でした。僕のサファリは2インチ程度リフトアップして少し乗り心地、安定性が落ちました(;_;)やはり、安定性、乗り心地はノーマルが一番です。
パーツの供給も心配なく、ずっと乗れますね‼話が長く為るのですが、最近afepowerというメーカーからpatrol(tb48用)のパーツを幾つか発見したので、ダイレクトエアーシステムを買ってみました。届いて取り付けてみて、良さそうでしたら、コメントさせて頂きたいと思います。
tb48
2017/03/29 17:46
tb48さん、コメントをありがとうございます。

サファリのノーマルの乗り心地を知った上でのカスタマイズであれば良いと思います。一時期、改悪されたサファリを中古車で入手して「サファリの操縦安定性は悪い」と吹聴されて誤解を広める阿呆がたくさん居ました。これには本当に辟易いたしました。カスタムが改良につながるのは出来が悪い車であり、出来が良いクルマであるサファリは、手を入れると何かしらの”祟り”があります。自動車メーカーが真面目なクルマを出したらば、それをきちんと報道するべきがモータージャーナリストだろうと思うのですが、日本にはそういう見識をもった人は稀らしく、提灯記事しか書けない「自動車ひょーろん家」ばかりのようで、これにも辟易しています。出来が良いクルマであるサファリは、オーナーがオフロードでの走破性を高めるべく手を入れるとオンロードでのスタビリティは損なわれますが、上手くカスタムすれば卓越したオフロード走破性を実現できます。こういう辺りはサファリの基本性能の良さだろうと思います。海外で高評価のサファリは、中古車が出ると輸出業者の触手が伸びてくるようで、国内に流通するものが減って価格も高騰してきているようです。このため、本当にサファリが欲しい人しか入手できない状況になってきているように思います。

afepowerのレポート、楽しみにしています。
nakajin
2017/04/01 09:57
afepower取り付けました!ボンネット開けると、見た目はかなりスポーティーになりました!(^-^)/走りの方も軽くなり、高速道路での走行も直6のエンジン音がかなり心地よくなりました!!なかなかオススメでございます(^-^)しかし、リフトアップによる高速走行での安定はノーマルより劣り、少し怖いです(>_<)ノーマル時では時速150キロでも安定感がバッチリありました‼以前、免許取り立ての時にランクル70に乗っていましたが、道路の衝撃が直に伝わり、サファリに比べ乗り心地が断然悪かったのを思いだします。決して悪い車ではないのですが、個人的な意見としては総合的にサファリが、ナンバーワンだと思います(^-^)/nakajinさんの言う通り、中古車情報を見ていてもサファリは数が少ないです!特に最終サファリは少ないですね(>_<)やはり海外での人気が物語っていますね(^-^)
tb48
2017/04/01 21:52
tb48さん、afepowerのレポートをありがとうございます。
 私自身、tb48さんのコメントを見るまではaFe POWERは知りませんでした。北米のアフターパーツメーカーからY61のTB48用のパーツが出ていることを初めて知りました。
 ホームページで見たところ、TB48DEに取り付けられるということは aFe POWER 54-76106 Momentum GT Pro 5R Cold Air Intake Systemかな、と思います。空気流量が増えて16馬力(12kw)アップ 24Nm(2.5kgm)トルクアップと書かれていますね。ボルトオンですし、これは魅力的ですね。取り付け動画もyoutubeで見つけました。
 このaFe POWERは北米の会社のようですが、北米ではY61は販売されていませんから中東向けに商品を開発して販売をしているのでしょう。豪州向けなら For GU と書かれるはずですから。
 サファリ(輸出名:Nissan PATROL)Y61が日本を除く全世界に於いて販売台数も多くて多くの人を魅了しているからこそ、こういうアフターパーツがリリースされるんですね。世界に目を向けるとサファリのアフターパーツは本当にたくさん出ていますね。豪州もARBや 4x4 MARKSなどがサファリ(Nissan PATROL Y61=GU)用のものを多数リリースしています。

 耳寄りな情報をありがとうございました。
nakajin
2017/04/02 16:52
はじめまして。
去年からサファリ乗りになりましたじゅんです!
サファリ関する情報が少なくて困っていたところnakajinさんのブログ見つけました!
サファリの事がたくさん書いてありとても勉強になります!
じゅん
2017/04/12 18:44
じゅんさん、コメントありがとうございます。
此方のブログがお役にたてば幸いです。

どうぞこれからも宜しくお願いします。

販売停止から10年以上経ったサファリは維持するのにそれなりにお金が掛かりますが、それ以上のものがあると思います。

日産が産んだ名車、ぜひ大事に乗ってあげてください。
nakajin
2017/04/12 19:23

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事ピックアップ
PATROL
サファリの輸出名です

★Y61修理マニュアル
(英語版)
★Y60修理マニュアル
(英語版)
★バッテリ D31L , D26L
茶話会 拙宅の日産サファリに関する雑記帳(サファリブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる