拙宅の日産サファリに関する雑記帳(サファリブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 一晩置いたカオス

<<   作成日時 : 2017/09/17 08:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

CCAは改善しましたが内部抵抗は変わりませんでした。
画像

画像

画像

画像


装着に備えてバッテリーロガーも調達しました。
近所のカー用品店で税込1680円でした。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

バッテリー診断機は1kHzの高周波でバッテリーの内部抵抗を測定しているとHIOKIのWEBページに書いてありました。

実際のバッテリーの内部抵抗を測定するには,クランキング時の最小電圧と最大電流から計算する方が実践的です。

まずクランキング時の最小電圧は,オシロスコープでバッテリーの最小電圧を測定すればOKです。
次にピーク最大電流を測定するためには,あらかじめバッテリーのマイナス端子からBODYまでの配線抵抗をmΩ単位で測定しておき,この配線の電位差をオシロスコープで観察すればピーク最大電流が計算できます。

我が家にはなぜかTEKTRONIXの4Gサンプリング毎秒を誇るTDS784A(発売当初の定価なんと$35000)と,KEITHLEYの1μΩの分解能を誇る 2010(定価\46万)があり測定は可能なのですが,鬼のように重たいオシロをバッテリーの近くにセットすることが大変なので出来ていません。すいません。。。

私も来年の2月に,4年目のバッテリーの定期交換時期を迎えますので,通販で購入する予定です♪
has
2017/09/17 19:03
hasさん、コメントをありがとうございます。
オシロスコープで測定するのは分かり易いですが、大変そうですね。とりあえず拙宅ではメルテックML-100でバッテリーの性能を測りながら補充電して使おうと思います。

バッテリーが逝くと色々とトラブルを引き起こしますから、予防保守で交換しておくのが一番かな、と思います。

今回、古いバッテリーはパルス充電器と診断器でリフレッシュを試みようと思っています。パルス充電器でどの程度復活するか、やってみないと分からないですね(笑)
nakajin
2017/09/18 14:37

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事ピックアップ
PATROL
サファリの輸出名です

★Y61修理マニュアル
(英語版)
★Y60修理マニュアル
(英語版)
一晩置いたカオス 拙宅の日産サファリに関する雑記帳(サファリブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる