燃料計の不具合

2019年2月14日にエルグランドとシビリアンで燃料計トラブルへのリコールが出ました。対象の年式が平成16年(2004)から平成19年(2007)と近いこともありますし、いろいろと伝え聞くところによると同様の故障がサファリのファインビジョンメーターでも多いようなのです。
国土交通省(mlit.go.jp)のホットラインに連絡することで、台数が多いとメーカーに働きかけて貰えることがあります。
画像


お心当たりがある方は国土交通省のホットラインに報告なさってみて下さい。
http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/hotline.html

画像


ここに報告すると、そのうちにこちらで表示されるようになります。
http://carinf.mlit.go.jp/jidosha/carinf/opn/search.html?nccharset=3605BFF8&selCarTp=1&lstCarNo=1060&txtFrDat=1000%2F01%2F01&txtToDat=9999%2F12%2F31&txtNamNm=%E3%82%B5%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AA&txtMdlNm=&txtEgmNm=&chkDevCd=

この記事をアップした2019年2月14日時点ではサファリに関する報告は21件でした。
画像


(追記)
通報から約2ヶ月したらば公開されました。
画像

ーー
日産自動車は14日、燃料計の回路が設計不良により機能しない恐れがあるとして、「エルグランド」「シビリアン」の2車種計8万141台(2004年7月~07年10月製造)をリコール(回収・無償修理)すると国土交通省に届け出た。

 国交省によると、計器内の照明などによる熱で回路が断線した場合、燃料計が実際よりも高い状態を指し示し、ドライバーがガソリンがなくなったことに気付かない恐れがある。これまでに57件の不具合が報告されているという。 【時事通信社】

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12145-191153/

ーー
日産のリコール情報
https://www.nissan.co.jp/RECALL/DATA/report4443.html

画像

https://www.nissan.co.jp/RECALL/DATA/figure4443.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ころころ
2019年06月24日 07:23
本不具合ですが、nakajinさんは起きていないでしょうか?
知り合いの方でしょうか?
私のサファリも最近、燃料計の表示がおかしく、ガス欠して大変な思いをしました。
その後、経過観察中ですが、明らかに残1/2表示くらいのハズが、残3/4程度を示しております。ディーラーに行って確認してみます。いつも貴重な情報をありがとうございます。
2019年06月24日 21:51
ころころさん、コメントをありがとうございます。
燃料計の不具合ですが、facebookのサファリ愛好家グループで話題となり、こちらでもご紹介した次第です。

私のサファリの燃料計は別件で以前に交換歴があるのです。
https://nakajin.at.webry.info/201111/article_1.html

ですので、現時点では不具合は起きておりません。
もし、ころころさんのクルマで発生しているのであれば、是非ご紹介しているサイトに報告をお願いします。
コロコロ
2019年08月24日 09:59
いつもお世話になります。コロコロです。
燃料計の不具合の続報ですが、初めの診断では、ゲージが下がり切れてない無いという事で、ゲージを交換しました。メーター側も電気的な点検を実施して問題ないという事で、引き取って、乗ってましたが、やはり残量表示が多めに出ており、改善せず。
再度、入庫し、メーターも交換した結果、症状は直りました。
メーターはおかしくなかったんじゃないかと、問い合わせたところ、チェックするのは、ある一点に対しての表示が正しいかのみの判断しかしない為、線形性を見ることはできないとのことです。
結局、ゲージ交換7万、メーターパネル12万で、20万程度の出費となりました。参考まで、記載させていただきました。
2019年08月26日 10:42
コロコロさん、続報をありがとうございます。
燃料ゲージとメーターAssyと双方を交換して治ったとのこと、情報をありがとうございます。
 記事で紹介したように、国土交通省のサイトにレポートをしていただく事象が多いほど、真因調査していただける可能性が高くなります。ぜひ、お願いいたします。

この記事へのトラックバック