テーマ:Y60/Y61共通

サファリ向けのバッテリ2017

 鉛蓄電池は枯れた技術と言われながら、リチウム系の電池などの技術革新と競うように製品開発が行われていて、ほぼ毎年新しいモデルがリリースされます。  このブログでも何度かバッテリーについて取り上げておりますが、拙宅のサファリのバッテリーもそろそろ寿命らしいこともあり、バッテリについて取り上げたいと思います。  日産サファリのバッテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日産サファリのオーナーの鋭い意見

 日産サファリが2007年に国内販売終了してから8年が経過しようとしている2015年に、日産サファリを入手するべく検討を始めた方がみんカラで「サファリについて語りましょう」という記事をアップしたところ、日産サファリの現役オーナーや元オーナーの方々からコメントをたくさん集めました。20件を超えるコメントはどれも熱いメッセージが込められてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クルマに求めているもの ~サファリの魅力~

 よく思うのが、TPOにあわせてクルマを使い分けられたらいいな、ということ。 とはいえ、自分にそれだけの財力がないことも熟知しています(爆)  私がクルマに求めているのは何か。  浪漫もあるでしょう。  でもやっぱり実用性は重要です。  私には基本的に機械は道具であって役に立ってナンボという考えがあります。 …
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

ヘッドライトバルブの交換

 これまで電球に青い処理が施された白いバルブを使っていたのですが、やっぱり暗い。 これから梅雨の季節も来ることですし、バルブを新調することにしました。  私は蛍光灯に準ずる技術のHIDはあまり好みではなく、ハロゲンバルブを好んで使っています。 H4のLED球がちょっと高価な電球並みになったら、こちらへの交換を考えるかもしれませ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

雪用ワイパーを新調

カー用品店へクリアランスバルブを買いに行くついでに、雪用ワイパーも調達することにしました。 こちらは夏用のワイパーです。ブレードは日産純正撥水コートをお願いするたびに新調していただいておりますが、骨は10年選手です(笑) 車両についていると良くわかりませんが、外して2本を並べると長短なのがわかります。 ちなみに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サファリの乗り心地

” サファリを良く知らない人を乗せたとき、ほぼ例外なく  異口同音の感想を口にされます。  『このクルマ、乗り心地が凄く良いんですね』。  サファリに乗ったことが無い人には意外かもしれませんが、  サファリの乗り心地はとても良いようです。          ”  私の本局ブログの6年以上前の2007年1月14日の記事の書き…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

海外仕様の部品の購入

 サファリの最終型が日本で販売されている頃、日産のサファリ公式ブログの記事によれば当時平塚で年間約3万台のY61が生産されていたそうです。そのうち、日本国内向けに「サファリ」として販売されていたのは年間約300台ですから、99%は輸出仕様「PATROL」として出荷されていたことになります。  国内でのサファリの新車販売は2007年6月…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

サファリ/PATROLを的確にアピールしているカタログ

日産NPO向けサイトに掲載されているPATROLのカタログが秀逸です。(但し、英語版です) このカタログの内容についてご紹介します。  普段われわれが目にする個人向けのカタログは最上位グレードを中心にして商品(クルマ)が紹介されますが、このカタログは仕事のための道具としてクルマを紹介する姿勢を感じます。  表紙に「堅実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LSD vs. デフロック

 クルマが曲がるときに内輪差が生ます。 機構の観点では、外側の車輪と内側の車輪の行程が違うので、これを調整する機構が必要になります。これが Differential Gear ディファレンシャルギアで、「デフ」と呼ばれます。 (ほんとうなら、ディフのほうがより正確なのでしょうが。。。) デフは左右の車輪の回転”差”を調整するギ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

部品番号をちょっと調べることが出来るサイト

 純正部品の部品番号をちょっと調べたいな、というときに便利なサイトを見つけました。 日産に関しては日本仕様(SAFARI)と欧州仕様(PATROL)の部品カタログを眺めることが出来ます。 http://www.epc-data.com/  日本仕様のパーツ番号は、海外の日本車オーナーにとって興味あるコンテンツなのかもしれま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいパトロールの発表で感じたこと

 先日、新しいパトロールのお披露目がアブダビでありました。この記事ではこの発表を見て私が感じたことを書きたいと思います。新しいパトロールの発表内容の詳細は私の2月15日の記事を参照いただければと思います。  新しいパトロールが質実剛健路線を変更したことは寂しく感じますが、一方で久しぶりに「欲しいかも・・」と感じるモデルが出…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

気になるタイヤ

 ミシュラン(Michelin)のXZLかと思う画像ですが、Michelin 4x4 O/R というタイヤの画像です。  クロスカントリービークルよりも、「クロスオーバー型SUV」が増殖している昨今、タイヤも伝統的なM/Tタイヤはどんどん姿を消していて、悩ましい限りです。例えば、ミシュランのXZLなどはいつかは履いてみたいと思…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ソフトカーロープ

 不整地走行とスタックは切っても切れない縁があります。今や、ほとんど(まったく?)不整地走行はしていませんが、昔の名残で牽引ロープを車に常備しています。  というか、昔からの四駆乗りは、牽引道具を常備していることが期待されるわけで、いちおう、最低限の装備を常備しているにすぎません。  で、こちらの牽引ロープは、四駆乗り定…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

新しい仲間

 新しくサファリのブログを始めたよ!と連絡をいただきましたので、早速リンクを張らせていただきました。 Y60くろちゃん(http://kuro3847.at.webry.info/) Y60に限らず、前にお乗りになっていたL/C40の記事などもアップしてもらえることを期待しています(^^ゞ さて、私ですが「いよいよゴー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

記事ランキング

2005年の年末に始めたブログもおかげさまで3周年を超えて4年目に入りました。 本年も当ブログをお読みいただき、ありがとうございました。BIGLOBEのカウントによると 2008年12月31日22:30頃現在でブログ全体 の参照数が183,960だそうです。本当にありがとうございます。 恒例となりました記事のアクセス数ランキング…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Y61(輸出名:パトロール)は健在!

今日、サファリを生産する日産車体・湘南工場の「遊とぴあ」に出かけてきました。 会場をあとにして、帰り道に寄り道をしてサファリのふるさと、日産車体・湘南工場第四地区へ行ってみました。 ここは、年間約3万台のY61が生産される世界で唯一の拠点です。  当然、今日は休業日なので生産はしていませんが、遠目にY61のフレームが建屋の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

CCV誌70号、来たる

予約購読しているCCV誌の70号が届きました。今回は「三菱Jeep特集?」というおもむき。じっくりと読ませていただこうと思います(^^ゞ  このCCV誌、季刊なので年間4冊発行ですので、創刊から17.5年が経過したんですね。  我が家にはVol.1から最新号までの70冊のCCV誌があります。さすがに、ここまで揃うと立派なコレ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

直列6気筒エンジン

 サファリの大きなボンネットを開くと、エンジン排気量を表示したプラスチックカバーがあります。サファリは、外側にはエンジン排気量をどこにも書いていません。普段は見えないところにひっそりと『排気量が4800ccもあるんだぜ』とかいてあるのです。(笑) このカバーを外すと、日産最後の直6エンジン「TB48DE」が見えます。 <画像…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

走行中に二輪駆動から四輪駆動に切り換えられる構造

 サファリのトランスファーには、2駆と4駆を切り換える箇所にシンクロナイザー(シンクロ)が備わっています。今回は、このシンクロの御利益(ごりやく)について書きます。  サファリはパートタイム四駆で、普段はFR(フロントエンジン、リアドライブ:後輪駆動)です。 前輪を駆動しないときは、フロントのデフやシャフト(駆動軸)を回すと…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

バンプストッパー

 サファリのサスペンションの縮み側を規制しているのは、ゴム製の部品です。 フロントサスは、コイルスプリングの中にあるゴムです。 リアサスは、三角形状をしています。 ちなみにバンプストッパーの右側にある蛇腹は、スタビライザ解除機構です。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

バッテリ(蓄電池)の強化

 このところ寒くなってきてバッテリのトラブル(主に”あがり”)を耳にするようになりました。拙宅のサファリは日々のメンテナンスが効いているのか、今までバッテリあがりに遭ったことがありません。拙宅では前のサファリ1号(TD42ディーゼル)のときでも、バッテリの交換時期は6~7年でしたから、早急にバッテリ交換が必要というわけではないのですが、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

Y61のスクリーンセーバー

巷には、ガジェットと呼ばれるパソコン用のプログラムが溢れています。クルマに関しても多数あります。例えば、スクリーンセーバーについては、いろいろなクルマのものが出ています。しかし、当然ながら、日産(日本)からサファリのものはとうとうリリースされませんでした。  しかし、全世界に向けて輸出されているサファリ(輸出名PATROL)ですか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日産車体湘南工場の見学に行きました

子供の夏休みのイベントとして、妻が「日産車体湘南工場見学」をセッティングしてくれました。  今年、妻は「日産の工場見学」に燃えました。(笑)  子供の通う学校の行事日程を新学期の4月に確認し、子供が”平日休み=振り替え休日”の日を探して、この日に日産の工場見学を次々に申し込みました。なぜならば、工場が稼働している日でなければ工場…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

痛恨の一撃

高速道路走行中の石跳ねを受けたようで、右フォグランプにヒビが・・・・ 画像をクリックすると拡大します。拡大するとヒビの入り具合が良く分かります。実に惚れ惚れするほどしっかりとしたヒビです。(号泣) レンズ脱落はしていませんが、ヒビは裏まで達しているし端から端まで到達しているみたいです。こりゃぁ、秋の車検に通らん。。。交換せね…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

整備要領書と新車解説書

 当ブログの大いなるネタ供給元は、これらです。 拙宅のサファリ1号は1990年10月製、サファリ2号は2004年9月製でしたので、これらに関係するものを入手しました。  Y60(サファリ1号)については、整備要領書と部品カタログを入手しました。  Y61(サファリ2号)については、新車解説書、整備要領書、配線図集を入手…
トラックバック:4
コメント:12

続きを読むread more

クーリングユニット

 サファリの面白いところは、カタログに書かれていない「良いところ」がたくさんあることです。それは、目に付きづらいところに金を掛けてしっかりした構造・仕組みを持っているということです。そんなものの一つに「クーリングユニット」があります。あちらこちらで発生する熱を的確に放出するためのクーリングユニットは、クルマの信頼性(長年乗っても大丈夫、…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

バッテリのメンテナンス

 鉛蓄電池であるバッテリ、だいたい寿命は2年から3年と言われています。サファリに限らずCCVのバッテリは大きなものが使われていて、交換するにしてもその費用はバカになりません。少しでも寿命を延ばして維持コスト削減を図りたいものです。私の場合、こまめなメンテナンスのおかげか、だいたい6年か7年で交換しています。 ●マメにメンテナン…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

ロードセンシングバルブ

 サファリの魅力は信頼性高いクルマの造りにあります。そんな中の一つが後輪ブレーキです。クルマが停止するときに荷重は前方に掛かり後方は軽減し、後輪ブレーキはロックし易くなりますから荷重の掛かり具合に応じてブレーキ油圧を調整するのがLSVです。LSPVとも言います。  LSVとは、 Load Sensing Valve ロードセンシン…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

日産の「オフロード」テストコース

2007年3月15日の日産プレスリリースによると、栃木県茂木にオフロードテストコースを完成させたそうです。この記事の中に嬉しい一文が掲載されていました。  茂木には「日産ディーゼル」のテストコースがあり、既に大型トラックの高速走行性能評価用の周回路などがありました。ここにオフロード性能評価用の施設を新設したようです。  評価路で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more