拙宅の日産サファリに関する雑記帳(サファリブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ETCを付けました。

<<   作成日時 : 2007/02/04 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 国土交通省の発表によると、主要な高速道路でのETC利用率(ETC利用台数/道路利用台数)は、約7割に達する時代だそうです。そういえば、最近は「一般」に並ぶ車の台数がかなり減ってきたように感じます。料金所の渋滞が緩和され、良いことなのではありますが、ETCを付けていないことによる弊害も感じるようになりました。そんな今日この頃、ディーラーから「ETC装着キャンペーンのお知らせ」を頂戴したのを機にETC車載器をつけることにしました。

 今年の正月に「新春初売り」のディーラーへお邪魔してエンジンオイル交換をして貰った際に、お付き合い17年目の営業さんに『ETCを付ける気になりました。キャンペーンや安い車載器があったら教えてください』とお願いをしておりました。そうしましたら、この金曜日の夜に拙宅へ「ETC車載器装着キャンペーン」のチラシがFAXでおくられてきました。
 翌土曜日の朝、早速電話で「本日装着可能ですか?」と確認したら「大丈夫ですよ」というお答えでしたので、ETC車載器装着を行うことにしました。
 決心したあとに先ず行ったのは、クレジットカードのETCカード発行手続きです。クレジットカード会社のホームページにアクセスをしたら「クレジットカードのサービスカウンタなら即日発行」と書いてあったので、自宅に最寄りのサービスカウンタを調べて出掛けました。カウンターではものの10分程度でETCカードを発行してくれました。
 そして日産ディーラーへ出掛けてETC車載器を付けて貰いました。これは約1時間程度でした。ダッシュボードの中央前部に可愛らしいETCアンテナが付きました。付けていただいたETC車載器は日産純正のモノでした。
 ついでに、ETCマイレージの登録を日産ディーラーのパソコンをお借りしてインターネット上で行いました。これで、全ての手続き・作業が完了です。
 早速、今朝発行して貰ったばかりのETCカードを、付けて貰ったばかりの車載器にセットしました。そして、動作確認をするべく、高速道路を1区間だけ走ってみました。
 付けたばかりのETC。動作するという保証が無いので(^^;、高速道路のETCレーンを後方の車両状況を充分に確認しながら、おそるおそる走りました。ETCが「ピンポ〜ン、通過できます」とお喋りし、ETCゲートのバーが開きました。車載器はきちんと装着できていたようです。
ETC車載器がきちんと動作することが高速の入口で確認されたので、出口は前のクルマを追ってけっこうな速度で通過してしまいました。

 ETC装着は思い立った即日にできるのだということを、身をもって体験しました。

 いまや、新車を購入する際に装着するオプションとして半ば当たり前のようになっているのが、カーナビとETC車載器だそうです。カーナビについては、メーカー純正品が装着されていると下取り価格が高くなるのだそうで、リセールバリューを考えると結構有意なようです。そんな時代でありますが、拙宅のサファリ2号にはカーナビもETCも付けませんでした。カーナビを付けなかった理由は先日の「GPS」という記事に書いてみました。
 ETC車載器についても、当時は遠出をする見込みが暫くは無かったこともあり、必要になったら、そのときに付ければよいだろうと考えていたし、ETC普及率が向上するにしたがって料金所渋滞の列も短くなるだろうから慌てなくても良い、とも考えていました。

 日本で採用しているETCの方式は、海外のものと比べてると高度な処理が可能なモノです。このため、ETC車載器が高額になっているという指摘が雑誌などでありました。しかし、一方で「高度な処理が可能」な点を利用してかなり複雑な料金割引制度を実現することが出来ます。
 ETC普及を目指す政府は、高速道路会社と協力してETC車載器を利用するメリットを出すべく各種割引制度を充実させたり、ETC車載器装着助成制度(キャンペーン)を行ってきました。
 恐らく、これらの施策によってETC車載器が少々高額でも、付けただけのメリットをユーザが感じられたり見込めるようになり、装着率が上がってきたのだと思います。その意味で、政府の政策は効果を発揮したのでしょう。実際、ETCが普及したことによって最近は料金所渋滞は昔ほどではなくなったように思います。
 或る意味、ETC車載器を付けなくても料金所渋滞が減少し、ETC車載器を付けてない私のような者にも電脳化によるメリットを享受してきたと言える状況になっていました。

 この状況でETCを使っていなかった私がETC利用を思い立ったのは、ETCを使わないことによる弊害も感じるようになったからです。

 昨年のことです。
 高速道路を利用して出掛けた際に、料金所のゲートのうちETCが2レーンで一般が1レーンという場所に遭遇しました。もともとゲートが少ない料金所でした。ETC非装着車は1レーンに並ばねばならず、車列がかなり長くなっていました。一方でETCゲート側はスイスイでした。”ここまで露骨にやるのか?”とも思いましたが、ETC普及推進の立場である道路経営側としては当然のことかもしれません。これについては、「まぁ、仕方がないな」と考えることにしました。
 また、とある地方の高速道路を利用したときのことです。出口にゲートが2つありました。一つはETC用でもう一つは一般用です。ETCを装着していない拙宅のサファリは「一般」レーンを利用します。地方の高速道路ですから前にクルマはいません。しかし、料金所で待たされることになったのです。この”田舎の”料金所は入口と出口をみる係員が一人しか居ませんでした。係員は入口側でETC非装着車に通行券を渡す業務と出口側で料金を精算する業務を一人でこなしていました。出口側の料金収受業務をしていると入口側のクルマが待たされます。入口側は通行券を受け取るだけなのでドライバーはイライラしていることが見て取れました。係員は通行券を渡す業務を優先していたのです。金を払う出口側はお釣りを貰うまでクルマを発進できません。「こりゃ、一本とられたね」と思うと同時に『ハッ』と気付きました、ETCによって料金所の人件費が削減できるのだということに。そういえば、東名高速の海老名SAなどでETC車専用ゲートの”社会実験”をしています。この「海老名IC」はETC装着車のみ利用可能なわけです。今後、このような「無人IC(トラブル発生時の対応要員のみで料金収受係が居ない)」が増えるのかも知れません。ETC非装着車だと「無人IC」は利用出来ません。
 そして、ETC利用による割引率がだいぶ上がってきて「5割引」も出てきました。高速道路を使って遠出をすれば、年間数回しか高速道路を使わない拙宅においてもETC装着代を回収できる目処も立ちます。

 そして、私が一番気になったのは「ETC普及率」です。先にご紹介した国土交通省の資料によると、高速道路利用車の約7割がETC利用という状況になったそうです。ここまで普及してくると、政府側の優先施策は「ETC装着率向上のための施策」から「ETC活用施策」に変化する可能性があります。そうなると、ETC装着補助金が無くなり、「装着キャンペーン」が無くなるかも知れません。そろそろ潮時かな?と思ったわけです。

 拙宅サファリ2号にETC車載器を付けてみたわけですが、今のところの利用実績は動作確認に走行した高速1区間のみです。これを本格的に活用するのは、もう暫く先になりそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
先月カミサンの車にETC車載器を取り付けました。
トヨタ純正のものです。
価格は取り付け工賃込みで19000円といったところでした。カミサンの車には純正ナビが装着されていますので、ナビとETCを連動させることが出来るとのことでした。(上記金額はこの為のハーネス込みです)
ナビもETCも欲しいというのが正直なところです。
クレジットカードはおろか、キャッシュカードすら持たせていただけない状況の私には、それ以前の問題のようです(爆)
サファリン
2007/02/04 23:24
サファリンさん、コメントありがとうございます。
ナビ連動の純正というのは、ETC車載器の最上級のモノですね。
 拙宅サファリ2号にはナビは付いていないのでETC単体モノです。約一万円で付けて貰いました。
 ETCはクレジットカード決済がベースになっていますね。有料道路を使うたびに自動的に”借金”をするというのはちょっと気になりますね。
nakajin
2007/02/05 06:52
ETCは貧乏な我が家にとっては救世主のような存在ですね(笑)。割引に合わせて早朝や深夜にお出掛けすることが多くなりましたが、最大半額には換えられませんよね。
しかし、それよりも同じ車種で同じクルマ(サファリ)なのに、11ナンバーと33ナンバーで料金が違うことが解せません。普通貨物車は中型車料金で約1割増しなんですね。道路へのインパクトなら満艦飾の33ナンバーサファリの方が強烈だと思うんですけど、、。
折角ETCが普及してきているのですから、このあたりも是正の方向に考えてもらいたいものです。
くみちょ
2007/02/05 11:36
くみちょさんに激しく同意!!
確かに貨物車ですが、3t4t積めるわけでもなく、マイクロバスのように30人も人を乗せられるはずもないのに…。
毎回ボラれた気分です。
1ナン愛好家より。
サファリン
2007/02/05 23:16
くみちょさん、こめんとありがとうございます。
高速道路をよく使う人にとって早い安い便利なETCは必需品のようですね。やっと私もETC利用者に仲間入りです。やっと、デジタルデバイドの反対側に来られました(爆)

 高速料金ですが、確かに同じクルマでありながら乗用車登録より貨物車登録のほうが2割高くなるというのも不思議ですが、それよりも自動車税が5.5倍(排気量4.8Lの場合。乗用車だと88,000円/年、貨物車だと16,000円/年)の格差のほうが理不尽な気がします。
 同車種同料金を訴求すると、高い方に揃えられる可能性もあります(し、その方が可能性が高いです)から、自分に都合がよいことは黙した方が良いと思います(笑)
 声高に叫ぶべきは、格差5.5倍の自動車税の方ですよ、ね!(爆)
nakajin
2007/02/05 23:39
サファリンさん、コメントありがとうございます。
サファリ・ランクルの場合、1ナンバー車としてみたら下限に近い特殊車なんでしょうね。SUV ( Special Utility Vehicle )を直訳すれば特殊用途車両ですから、、、、。
nakajin
2007/02/06 00:12

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事ピックアップ
PATROL
サファリの輸出名です

★Y61修理マニュアル
(英語版)
★Y60修理マニュアル
(英語版)
ETCを付けました。 拙宅の日産サファリに関する雑記帳(サファリブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる