拙宅の日産サファリに関する雑記帳(サファリブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS サファリ向けのバッテリ2017

<<   作成日時 : 2017/09/09 08:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 鉛蓄電池は枯れた技術と言われながら、リチウム系の電池などの技術革新と競うように製品開発が行われていて、ほぼ毎年新しいモデルがリリースされます。
 このブログでも何度かバッテリーについて取り上げておりますが、拙宅のサファリのバッテリーもそろそろ寿命らしいこともあり、バッテリについて取り上げたいと思います。

 日産サファリのバッテリ置き場はD31Lが置ける大きさがありますので、このサイズについて書きます。

 D31Lの標準の性能指標は95。 95D31Lと表示される製品ですね。
性能指標が105や115は標準を超える性能があるということで高性能とされます。
最近では電極の材質や形状を改良してさらに高性能な135や145というものもあります。

バッテリの性能とは蓄電量と放出電流を意味します。これ以外に繰り返しの充放電に対する耐久性というものもあります。

まずは日本メーカーであるパナソニックの鉛蓄電池 CAOS。
このところ拙宅でもこちらを使用しています。

ネットショップでD31Lが概ね1万6千円程度で入手出来ます。

 



次は高性能バッテリーの嚆矢、独ボッシュの鉛蓄電池です。
ネットショップで2万円前後です。

つぎに



そして最後は米オプティマ バッテリー。
ネットショップで3万数千円程度します。





性能指標で『145』相当もの高性能バッテリーというと、だいたいこの3種類。
いつもこの3社で悩むのですが、私の場合は結局は価格で青いパナソニック CAOSを選んでいます。
オフロードを本格的に行うならば、横置きもOKという液漏れの心配がないオプティマがお奨めであります。
ただ、価格がCAOSの約2倍しますので、どうしても私は躊躇してしまうのでありました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事ピックアップ
PATROL
サファリの輸出名です

★Y61修理マニュアル
(英語版)
★Y60修理マニュアル
(英語版)
サファリ向けのバッテリ2017 拙宅の日産サファリに関する雑記帳(サファリブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる